blog

wordpress 親テーマ 子テーマ

blog

 テーマ選びをしていると、「子テーマ」という言葉を見かけます。

「親テーマ」は、普段WordPressでインストールしているテーマになります。子テーマを知らない人であればそのまま使用し、カスタマイズしていると思います。


一方で「子テーマ」とは、親テーマをもとに作られたテーマになります。

無料テーマの「Cocoon」にも、子テーマ「Cocoon Child」があります。

cocoonの子テーマ

 

「親テーマだけでいいじゃん」

いいえ、この「子テーマ」、とても重要な要素なんです。

というのも、子テーマは親テーマを安定してカスタマイズするために存在しています。

どういう事かというと、親テーマは、頻度はそこまで多くないですが、定期的にアップデートが行われています。

その際、変更したcssや、php、他サイトから張り付けたhtmlなどのコードが全て元に戻る、もしくは消えてしまいます

また一から入力するなんて、骨が折れる作業ですよね?

そういったことが起こらないために、子テーマを準備しておきます。

そして、親テーマと子テーマを使いわけながら、ブログのカスタマイズを行っていきましょう。

具体的には、メニューやレイアウトを決める時は主に親テーマを使い、子テーマ上では、それ以外のプラグイン、ブログ記事の投稿、コードの編集、上書きなどを今までのように行ないます。

※基本的には子テーマを有効にしておきます。

面倒臭そうですが、例えば子テーマでメニューを作ったとしても、確認してみたら反映されていない事があるので、使い分けは意識したほうがいいです。

検索してみると、「子テーマは作らないほうがいい」と謳っているブログがありますが、たしかにデータが重くなったりして、支障が出ることもあるかもしれませんが、WordPressの多様性を維持したいのであれば、現時点では子テーマは必須になります。

実際にWordPress公式ホームページも、子テーマの使用を推奨しています。

以上が親テーマと子テーマの紹介となります。

子テーマの作り方はこちらを参考にしてみてください。

ページトップに戻る
タイトルとURLをコピーしました