googleのスプレッドシートでレーダーチャートグラフを作成する方法

デジタル

スプレッドシートでレーダーチャートグラフを作成する方法を、画像と動画を交えて詳しく解説します。

Googleスプレッドシートでレーダーチャートグラフを作成する方法 

早速ページを開きます 。

今回はMEC食について書いた記事で作成したグラフをもとに解説します。 

 MEC食の解説記事はこちら 

スプレッドシート

表が完成している前提で話を進めて行きます。 

まずグラフを作りたいデータを選択します。

スプレッドシート

次に「挿入」の「グラフ」を選択します。

スプレッドシート

そうすると次のような図が表示されます。 

棒グラフ

このままでは縦棒グラフのままになってしまうので、「 設定」の「グラフの種類」」から「その他」のレーダーチャートを選択します。

棒グラフ
棒グラフ

するとこんな感じになります。 

レーダーチャート

あれ?

なんか孔雀みたいになりましたね。

失礼しました。

項目を選択していないです。 

もう一度表に戻ります。

スプレッドシート

一行範囲選択をして、「Ctrl」を押しながらもう一行範囲を指定すると同時選択ができます。 

これでもう一度グラフを作成してみます。 

レーダーチャート

曲線になっているので、直線に変えましょう。 

「カスタマイズ」の「平滑線」のチェックを外します。 

レーダーチャート

できましたね。

レーダーチャートグラフのカスタマイズ 

レーダーチャートグラフの作成方法をもう少し掘り下げてみます。 

タイトルの変更 

図の中のタイトルを直接クリックするカスタマイズのタイトルテキストから編集できます。

レーダーチャート
レーダーチャート

目盛りの変更 

最大値の200を変更してみます。

レーダーチャート

100%表記に変えました。

レーダーチャート

枠線を編集する

カスタマイズの「系列」で枠線の色や太さなどを編集することができます。 

レーダーチャート

太さを4pxに変えてみます。

レーダーチャート

「線の色」で緑にしてみます。

レーダーチャート

2つ以上のデータをグラフにする 

AとBのデータを比較するグラフを作ってみます。

設定で下の方にスクロールします。

レーダーチャート

系列の「系統を追加」をクリックして、ウィンドウマークを押してみます。

比較したいデータを範囲選択します。 

レーダーチャート
レーダーチャート

これで二つのグラフが表示された状態になります。

このままだと見づらいので凡例の位置を変えましょう。 

デフォルトだと位置調整が自動になっているので、配置を下にしてみます。

レーダーチャート
レーダーチャート
レーダーチャート

これで設定は完了です。

グラフはコピー&ペーストでGoogle ドキュメントなどに貼り付けることができます。

文章だけで説明するのは伝わりづらいので、一連の流れを動画にしてみました。


googleのスプレッドシートは簡単に本格的なグラフを作ることが出来るのでおすすめです。

以上、レーダーチャートグラフ作成方法の紹介でした。

コメント