整理

過去や未来の不安に飲み込まれそうな時に意識するべき事

整理

 

 皆さんは今何を考えていますか?

「家に帰ったら何食べようかな」

「今日は仕事が大変だったなー」

「あの子可愛いな」

おそらく、人から「今思い浮かんだ事を話して」と言われない限り、常にその瞬間を意識することって意外に難しいですし、目的に向かって無意識的に頭や体が動くことが多いと思います。


忙しい時は特にそうです。

でも実は、人間は1日6万回考え事をすると言われています。

すごい数字ですよね。

更に脳は、ブドウ糖やビタミンなどの栄養を使って機能するように出来ています。

では、ずっとネガティブな事ばかりが頭を巡る人はどうでしょう。

 

悩む人の思考

 

不安を感じたり、悩みを抱えることは、成長の糧にも繋がることもあるので、
決して悪いことではありません。

逆にそれらを必死に忘れようとしても、精神的に不健康になる場合もあります。

 

しかしながら、嫌なことを考え続けるというのは、それだけでエネルギーを消費し、楽しい事や、感動したこと、理想や目標に目を向ける時間が削られていくことにもなります。

 

考えてもキリがないこともあるのに、それを認めることはなかなか難しいですよね。

そのぐらい、マイナス思考の影響力は強いです。

でもこれって勿体ないと思いませんか?

時間は限られているので、一日のウエイトが考え事で埋め尽くされてしまいます。

過去や未来に飲み込まれそうな時、そんな時はとにかく”今のこの瞬間”に注目しましょう。

 

遠くまで見える山の景色

 

今目の前にあるものは何でしょう。

今天気はどうですか?

耳をすませてみて下さい。

小鳥の鳴き声が聞こえます。

 

忘れてはならないことは、私たちは今の積み重ね”で生きているということです。

 

反省のために振り返ったり、先を予測したとしても、実行するのは”今”です。

これから一瞬一瞬を大切にしてみませんか?

 

 

ページトップに戻る
タイトルとURLをコピーしました