整理

INTPは頭が良すぎる? 性格や適性について詳しく解説

整理

 INTP型とは、いったいどんな魅力を持った人物なのでしょう?

一番の特徴としては、比較的、論理的思考を兼ね備えた人が多いということです。

物事の本質を見抜こうとし、自分が納得いくまでとことん追求しようとします。

今回はそんな知性あふれるINTP型について、16パーソナリティー(MBTI:性格タイプ)診断を元に解説していきます。

心理学に関する様々な文献を参考にしておりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

INTPは頭が良すぎる?

白髪男性の人形

INTP型は分析能力が高く、目の前に立ちはだかる問題が難問であればあるほど、知性と創造性を存分なく発揮して解決しようとします。

論理的に物事を捉える頭脳と想像力を兼ね備えているので、問題解決能力(IQ)は、MBTI(16パーソナリティー)の中で一番高いと言えます。

ただし、頭がいいゆえに、共感能力が乏しい一面があり、”ドライで冷たい人”とレッテルを貼られることもあるようです。

INTPの性格 

INTPは独創的な発想を持つ戦略家です。

長所

  • 難問が好き 
  • 思考の整理が得意
  • 柔軟性がある
  • 思慮深い

難問が好き 

INTPは、物事の本質を理解したり、複雑な概念について深く考えることが好きです。

また、その知性の高さから独創的な見解を出すこともあります。

思考の整理が得意 

常に頭の中で分析をおこなっているため、原理を根本から理解し、物事を正確に把握しようとするので、論理的なコミュニケーションを取ったり、自分の考えをまとめることができます。

柔軟性がある 

古い様式にこだわることがなく、少しでも可能性や将来性があるものであれば、例えそれが人に理解されないようなジャンルだったとしても、アイディアを絞りだして、新しいシステムを作り出そうとします。

思慮深い

想像力を働かせることが好きなので、常に最善策を練ろうとします。

短所

  • 論理的思考過ぎる
  • 間違いや欠点に目がいきがち
  • ルーティンワークが嫌い
  • 完璧主義

論理的思考過ぎる

相手に論理的思考を求めるあまり、話の本筋から逸れてしまうことがあります。

間違いや欠点に目がいきがち

相手の感情を無視して容赦なく批判することがあるので、もっと耳を傾ける必要があります。

ルーティンワークが嫌い

変化のない作業が長く続くと、目的そのものへの興味が薄れてしまいます。

たまには外に目を向けることも大切です。

完璧主義

自分にも、相手にも完璧を求めすぎて、結果的にやる気を失ってしまうことがあります。

たまには、キツイ時はキツイと素直に感情を表現しましょう。

INTPの適職 

仕事中の男性

 INTPは、自分のアイディアを生かせる環境が合っていると言えます。

仕事上における短所

  • 自分の能力を過信しすぎるところがある
  • 昔ながらのしきたりを嫌う傾向がある
  • 燃え尽きやすい
  • 複雑な問題をわかりやすく説明するのが苦手
  • 整理整頓が苦手
  • テンポが遅い人が苦手
  • 理論的に考えすぎて現実に目を背けることがある
  • 柔軟なものの考え方ができない人を避けたがる

仕事で発揮できる長所

  • リスクを恐れずに一人で仕事ができる
  • 複雑な問題を理解するのが得意
  • 知的好奇心が旺盛
  • 斬新なアイデアを提供できる
  • 常に物事を論理的に考えられる
  • 知識を吸収したいという向上心が高い
  • 相手の意図を読み取ることに長けている
  • 順応性が高い
  • 自分のアイデアに自信を持っている

INTP型が働きやすい環境 

  • 指示を出したり、人間関係の仲裁に入る時間を割かなくて済む環境
  • しきたりにこだわることなく、革新的な手法を試せる
  • 集中できる場所や時間を確保できる
  • 自身の業績に見合った評価が得られる
  • 結果を出し続けている人と交流ができる
  • 独創的なアイデアや計画を任せてもらえる
  • 厳格なルールや規制が少ない環境

以上のことを踏まえると、INTPの適職はこちらです。

ビジネス・専門家

適職の例
ファイナンシャルアナリスト、ビジネスアナリスト、経済学者、企画部門、精神分析、精神分析医、弁護士、企業家、戦略プランナー、投資銀行、開発者、物理学者、キャピタリスト、人類学者、捜査官、建築士、調停委員など

テクノロジー

適職の例
コンピュータプログラマー、CGアニメーター、ソフトウェア開発者、研究開発の専門家、Webマスター、システムアドミニストレーター、インターネットアーキテクト、Webデベロッパー、Javaプログラマー、ビジネスアナリスト、情報サービス、ファイナンシャルアドバイザー、ソフトウェアエンジニア、データコミュニケーションのアナリスト、情報セキュリティーなど

医療

適職の例
形成外科医、製薬会社の研究者、薬学者、神経科医、薬剤師、獣医、遺伝学者、科学者、バイオメディカルエンジニア、微生物学者など

クリエイティブ

適職の例
グラフィックデザイナー、画家、エンターテイナー、発明家、彫刻家、クリエイティブライター、音楽家、アートディレクター、ダンサー、フィルムエディター、編曲者、コラムニスト、プロデューサー、批評家、エージェントなど

学術

タイトル
考古学者、経済学者、論理学者、数学者、哲学者、大学教授、天文学者、歴史学者、通訳、教師、研究者など


ここまでがINTPの紹介となります。


16パーソナリティー(MBTI)についてはこちらの記事をぜひチェックしてみてください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
ちゃんたらブログ
ページトップに戻る
タイトルとURLをコピーしました