blog

wordpressのドメイン変更方法を詳しく解説

blog

 wordpressで制作したブログもしくはサイトのドメインの変更方法は、 主に5つの手順が必要になります。

  • ファイルのバックアップ
  • SQLの編集
  • wp-config.phpファイルの修正
  • .htaccessファイルの修正
  • WordPress の設定

一見難しそうですが、しっかりと順を踏めば初心者でも設定は可能です。

SEOに関わる重要な作業になりますので、今回はやり方について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ドメイン変更のデメリット 

下準備をせずにいきなりドメインを変更すると、サイトを一から構築することになるので、せっかく積み上げたドメインパワーが台無しになりますし、SEOが弱くなり、検索順位が一気に下がってしまいます。 

そうならないためにも、しっかりとした引継ぎ設定を行いましょう。 

データのバックアップ

WordPress 上のデータを書き換える必要がある場合は、必ずデータをバックアップしておきます。 

ドメインを変更する場合にバックアップしておくファイルは2種類あります。

wordpress上のファイル

FTPでバックアップ

FTPファイルから、PCもしくはUSBにドラッグ&ドロップしてファイルを移行します。

エクスポートでバックアップ 

wordpressのダッシュボードからバックアップをします。 

バックアップの設定画面
バックアップの設定画面

データベースファイル(MySQL)の修正

MySQLとは、WordPress のようなオープンソースCMSのデータを保存しておく場所になります。

専門用語で難しく感じますが、簡単に言うとデータを保存しておく倉庫のようなものです。

 そのままだと旧ドメインのデータがMySQLに保管されたままの状態になりますので、ファイルの書き換えをする必要があります。 

今回はさくらインターネットでのやり方を紹介します。 

コントロールパネルを開きます。

さくらインターネットのコントロールパネル

「webサイト/データ」の「データ」をクリック

さくらインターネットのデータベース
さくらインターネットのデータベース

こちらがMySQLのログイン画面になります。

ユーザー名とパスワードがわからない場合は、 wp-config.phpファイルを確認します。

wp-config.phpの編集画面
クリックして画像を拡大

エクスポートを実行します。 

phpmyadminの設定画面
クリックして画像を拡大
phpmyadminの設定画面
クリックして画像を拡大

エクスポートが終わったら SQL ファイル内の旧ドメインを全て新しいドメインに書き換えます。

メモ帳を使う場合文字化けする可能性があるので、それ以外のテキストデータの使用をお勧めします。 

私の場合は terapad を使っています。

 SQL の修正が終わったらファイルをまたMySQL 内にインポートします。

やり方は先程と同じで今度はインポートを選択して実行します。 

phpmyadminの設定画面
クリックして画像を拡大

wp-config.phpの修正

wp-config.phpファイルも SQLのようにデータベース情報が記載されています。

新しいデータに書き換えましょう。

書き換えるのはこの部分です。

wp-config.phpファイルの編集画面

.htaccessファイルの修正

.htaccessファイルでは主にリダイレクト設定を行います。

リダイレクト設定とは 、旧 URL にアクセスした場合、新URL へ飛ばすための設定のことを指します。 

FTPソフトを開いても.htaccessファイルが見当たらない場合は、隠しファイルを表示できるようにしておきましょう。

ffftp内のファイル

.htaccessファイルに次のコードを追記します。 

RewriteEngine On
RewriteRule ^(.*)$ http://〇〇〇.com/$1 [R=301,L]

追記を終えた.htaccessファイルをFTPファイルにアップロードして上書きします。

WordPress アドレスを変更する 

「設定」の「一般」をクリックします。

一般の設定画面

ここでアドレス変更が出来ます。

アドレスの編集画面
⚠注意

WordPress アドレスは必ずデータベースを編集してから変更してください。場合によっては WordPress が開かなくなることもあります。

パーマリンクを変更する場合

パーマリンクとは記事ごとの個別のURL になります。

パーマリンクの設定

こちらもドメインの変更と同じで、記事を検索エンジンにインデックスしていた場合、パーマリンクを変更するとSEOに影響が出てしまいます。

なので、パーマリンクの変更を検索エンジンに知らせる必要があります。

プラグイン

Redirection

リダイレクトのプラグイン

Redirectionは、SEOを意識しているのであれば必須級のプラグインです。

このプラグインは、旧URLを新URLへリダイレクトさせるルールを追加することが出来ます。

「転送ルール」ページを開いて、下に移動すると次のような記入欄があります。

リダイレクトのプラグイン

①に旧URLを入力し、➁に新URLを打ち込みます。

追加するだけでリダイレクト設定は完了です。

カスタムフィールド

カスタムフィールドでもリダイレクト設定が可能です。

設定する箇所は、redirect urlかcanonical urlです。

Googleのマット・カッツ氏はウェブマスターとのやり取りで、サイトの管理権限があれば、どちらの設定でもかまわないが、基本的にはリダイレクトが推奨されているとの旨を述べています。

どちらかに新しいurlを記入します。

リダイレクトの設定
canonicalの設定


何度も言いますが、wordpressデータを編集する前に必ずバックアップをしておいて下さい

 

以上が、wordpress上でのドメイン変更のやり方の紹介となります。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ちゃんたらブログ
ページトップに戻る
タイトルとURLをコピーしました