blog

wordpress 目次が表示されない・スクロールしない時の対処法6選

blog

 目次を入れている方に向けて、今回は、目次に関するトラブルについて解説していきます。

Table of Contents Plusの設定方法も紹介していますので、ぜひ活用してみて下さい。 

スポンサーリンク

目次が表示されない

原因は以下が考えられます。

table of contents plus(toc+ )が表示されない時

有効化されていない

たいていのプラグインは、インストール後自動で有効化されますが、機能しないようであれば念のため確認しましょう。

「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」を確認。

目次生成のプラグイン

 

表示が「無効化」となっていれば、現在有効化されているということです。

設定した見出し数より少ない

「設定」で「表示条件」を確認してみて下さい。

目次生成のプラグイン

 

この数値を満たしていなければ目次は生成されません。

見出しレベルの設定を見直す

「上級者向け」を確認します。

目次生成のプラグイン

 

この場合は、見出し2から見出し4までで、いずれかが3つ以上ある場合は目次が表示される設定になっています。

見出し数が多かったとしても、見出しレベルに含まれていなければ表示されませんので、必ずチェックを入れましょう。

table of contents plus(toc+ )を使用していない時

見出しがない

任意のテキストを<h数値></h数値>で囲むことで見出しにすることが出来ます。

見出し3であれば<h3>見出し3</h3>というかたちです。

なので、入力がなければカウントされません。

目次をサイドバーのみに表示させる設定になっている

「外観」→「ヴィジェット」を確認します

ヴィジェットの目次設定

 

ここのチェックを外す、もしくはサイドバーからTOC+を削除します。

クリックしてもスクロールしない

以下の事を確認しましょう。

コードが誤っていないか

プラグインではなくhtmlを使うと、入力ミスを起こす可能性があります。

idの部分の数字が同じだとスクロールしません。

この場合、i2もしくはi3が正しい記述になります。

テーマの目次設定と二重になっている

テーマ自体に目次設定がある場合、Table of Contents Plusを有効化すると上手く機能しない場合があります。

無料テーマcocoonの場合を見てみましょう。

「cocoon設定」の「目次」をクリックします。

cocoonの目次設定

Table of Contents Plusを使う場合は、「目次を表示する」のチェックを外します。

cocoonの目次設定

 

以上の事を試しても上手くいかない場合は、プラグインを再インストールするか、一旦無効にしてみて下さい。

 

情報を得たい読者にとって、記事の読みやすさは重要な要素です。

目次機能を上手く使いこなして、自分だけの素敵なブログを作りましょう。

 

以上が目次が表示されない時の解決策となりますが、テーマの影響で上手く表示されないケースも報告されていますので、確実に安定したコンテンツを発信したいのであれば有料テーマをおすすめします。

気になる方はこちらをチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ちゃんたらブログ
ページトップに戻る
タイトルとURLをコピーしました